ブランク看護師

看護師が仕事を辞めたくなる時。プライマリーの患者さんの暴言・横柄な態度。

私の働いている病院では、プライマリーナーシングを行なっています。
プライマリーナーシングというのは、患者さんが入院してから退院するまで、
一人の看護師が受け持つという看護方法です。
1人の患者さんを一貫して受け持つ事で、看護過程もプライマリーナースが立てて、
患者さんに安心して入院生活を送って貰う事を目標にしています。
これは、看護師にとっても患者さんにとっても、とても良い事だと思います。
入院している時に、毎日知らない看護師が病室を訪れるのでは、何か合った時に誰に相談していいのかわかりませんし、
なんだか不安な気持ちになってしまいます。
でも、プライマリーナースがいる事で信頼関係を築く事ができますから、
それが治療にも良い効果が現れるんです。(^0^)
看護師にとっても、1人の患者さんと深く接する事で、その患者さんにあった看護をする事ができます。

 

でも、プライマリーナーシングは良い事ばかりではなく、困ってしまう事もあります。
患者さんにはいろいろなタイプの方がいますから、中には、我儘で横柄な態度ばかり取っている方もいます。
そのような患者さんの担当になった場合、なかなかコミュニケーションを取る事ができませんし、信頼関係を築けるどころか、
暴言ばかり吐かれて、こちらの指導などを聞き入れて貰う事ができません。(=Q=g)
このようないわゆるクレーマーの患者さんでは、意味のないクレームばかりつけられて、毎日が憂鬱になってしまいます。
でも、仕事を放棄する事はできませんから、必要ないのに頭を下げる事になってしまいます。
昔に比べると、クレーマーの患者さんが増えましたから、プライマリーナーシングも難しいのかもしれません。
問題のある患者さんの担当になった事が理由で、仕事を辞めたくなる時も少なくありません。(=Q=G