ブランク看護師

給料アップの為に夜勤専従常勤を選ぶ方もいます。月の半分以上が夜勤というのはハードですよね・・・。

看護師の仕事は夜勤がありますが、夜勤があるから高給を得る事ができるんです。
手当の中でも夜勤手当というのはかなり高額です。
ですから、給料アップの為に夜勤をする方も沢山います。
夜勤にも、単発の夜勤バイトと夜勤専従があるんですが、夜勤専従は、夜勤の仕事だけを行なっています。
夜勤専従の常勤の仕事はかなりの高額なので、高給を得たい方にはお勧めの働き方だと思います。
ただ、月の半分以上が夜勤になるので、体調を崩してしまいがちです。
人が寝ている時間に起きていると、冷え性や生理痛、免疫力の低下、むくみなど、身体に支障がでる事もあり、
肌荒れなど、健康面だけではなく美容の面でもトラブルを起こしてしまいます。(=Q=j
しかし、夜勤だけの夜勤専従の仕事は、夜間とは言え同じ時間帯に働く仕事なので、
慣れてしまえば生活のリズムを整える事ができます。
日勤と夜勤の両方をこなしていると、逆に生活のリズムが乱れてしまいます。

 

それに、ママさんナースでも、家族が子供を見てくれたり、院内保育園が設置されている病院で働けば、
安心して夜勤専従をする事ができるんです。
子供が起きている日中は、子供と一緒に過ごして、子供が寝ている時間帯に働く事になるので、
子供と過ごす時間を増やす事もできます。(^_=j
仮眠や休憩がしっかり取れる職場であれば、夜勤明けに疲れきってしまう事もないので、普通に生活する事ができるんです。
夜勤だけの仕事である夜勤専従は、確かに慣れるまでは体力的にハードかもしれません。
でも、効率良く稼ぐ事ができるので、給料アップにはお勧めの働き方だと思います。
ただ、身体の負担を少しでも減らす為に、職場環境が良くて働きやすい職場を選ぶ事が大切です。